光硬化パテ 使えない?と思いきや使い方次第?





スジボリ堂さんの光硬化パテ

結論から言うと

穴埋め、盛り等にはあんまり使えないと思った(;_;)




DSCN3792.jpg

※光硬化パテとは、紫外線を当てることで硬化する(たったの5秒照射)とっても便利なパテなのだ



僕の好き嫌いの問題なのかもしれないが

ちょっとばかり柔らかくて

食いつきも瞬着パテには及ばないため

いまいち本来の用途では使いづらいんだなぁ



そんなこともあり、使い始めて一週間経って

しばらく放置気味でした




だが意外なところで役に立つときがきた

ある日、購入してから10年はたつガンプラを

製作していたときのこと

股関節のポリキャップがゆるゆるだった

ふと思いつきこんなことをしてみた




まず、ポリキャップに光硬化パテを

ぬりぬりしてみる

そして紫外線照射!


DSCN3796.jpg


DSCN3797.jpg


DSCN3798.jpg






だが、稼動させてみると

あっさりパテははがれてしまう

よく考えればつるっつるのポリキャップの内部

はがれて当然なんですが


















なんで今度はオスの方に光硬化パテを塗ってみた

すると適度な柔軟性と

ポリキャップの柔軟性がしっかりマッチしている

たったの五秒で硬化するという

メリットもかなりストレスを軽減してくれるし

厚みの微調節もなかなか簡単に出来る

間接部の調整にかなり使える素材として

僕の中では重宝しそうです(っ*^ ∇^*c)



DSCN3801.jpg


DSCN3795.jpg




結局今のところ

穴埋め、盛りは

シアノン系が最強っす


DSCN3800.jpg

一昔前はポリパテを使うしかなかった

盛り作業

いい企業が増えて、面白い商品を開発してくれることに

ホントに感謝です(//>ω<)




スポンサーサイト