ボクはお金のことを何も知らなかった (・Д・)ノ その1

こんにちは!しんごaikoです。


ぼくはいま、お金持ちになって時間を自由に使えるようになり、模型をたくさんつくろー♪って企んでいるんですが・・・


今回も”ネットビジネス”や”お金持ち”、”お金”について書いていきたい思います。


本題の前に・・・・




自分語りコーナー
///////////////////////

突然ですが、「やっぱり自己啓発は大事っす!!」


正直ぼくは自己啓発みたいなものをやっている人を偏見の目で見る部類の人間でした、「恥ずかしいー奴らww」とか馬鹿にしてさえいました。海外に行ったりして、自分自身も"自分磨きまがい"なことをやっているにもかかわらず、、劣等感の塊りでしたねwww







■自己啓発が目的になってしまった

uluru-2058380_640.jpg


海外に渡航している頃、「なんかちがうな?なんか不安だなー」という気持ちが常にまとわりつきました。いろいろ経験しているつもりなんですが、何か意味なくない??みたいな漠然とした不安がありました。


そして”お金持ち”について勉強することで、ボクが感じている漠然とした不安なんなのか?明確になりました。何かと言うと、、、、”自己啓発をすること”が目的になってしまってたんです。


目的はないけど何かしていれば、自分はどうにかなる!とか考えていたわけです。




実際は違いました。完全に思考停止していました( ノД`)


ボクは英語が少ししゃべれるようになり、性格がポジティブになっただけで、日本に帰ってきても特にそれで何かが変わるわけでもなく、ただただ悶々としていました。


自己啓発というのは、目的に向かって自分を向上させることで”ただ漠然とやる”だけでは無意味なんだとようやく気づきました。


それが分かってからは案外簡単でした。「ビジネスをやってお金持ちになる!」という明確な目標ができたからでした。最初の頃は当然、ボヤーっとして前が見えませんでしたが


今となっては、

・以前より考えてから行動までが早くなった
・悪い習慣をやめることが出来た
・努力の仕方を学んだ
・先入観がどんどんなくなっていった
・ネットを使って収益がだせた


など目的にむかってどんどん成長している実感があります。


自己啓発というか、特に”自分のマインドを切り替えること”・・・これがどれだけ大切かが身にしみました!





さて、ここからが本題です。



お金に無知なボクたち
//////////////////////////////////////////////////////////

前回の記事でも言ったように、ボクたちは「お金」のことをあまりに知りません。なぜなら、そういった教育を受けていないからです。それなりにいい大学の商学部ですら実際に役立つお金の知識は学ばせてもらえないようです。


お金について知らないことは、かなりマズイ事だと警鐘を鳴らしたいレベルなんですが!!!


グダグダ言っていてもしょうがないので、とにかく”お金”について勉強していきましょう。


お金の知識がない人は、まずここから分からないと思います。ので基礎編からやって行きましょう。








■「労働」=「お金」ではない

ボクたちは労働者としての英才教育を受けてきました。いつの時代からはじまったの知りませんが、”一億総中流”の概念は根深く残っていて「新卒一括採用」、「年功序列」、「30年の住宅ローン」などの時代に合わない常識が、意味もなくみんなの価値観を支配しています。


バブル崩壊で何かに気づいたはずなのに、そこから労働者は大して学べませんでした。
「あの頃はよかった!」
「アッシー、メッシー、ミツグクン」
「昔はタクシー通勤できた」
「普通の会社員でも100万、200万軽くもらえた」


昔のことを話していても意味がないんです。今の自分がどうなのか?を考えなくちゃいけません。「昔の自分はしょぼかったなー」と常に言える自分でありたいですよね。


今の教育は、人が”労働”をするために生きているかのように人々を洗脳していきます。”労働”の対価でご飯がたべられる!という間違った認識が労働者の価値観を支配しています。


”労働”だけでは実際にはお金は作れません。”労働”だけでお金が作れるなら主婦は結構なお金をもらっているはずです。








■お金ってどうしたらもらえるの?

お金は基本的に価値のあるモノ(もしくはサービス)を売ることでもらえます!


一部例外はありますが、この原理原則は絶対的なものです。


kati.jpg


なら、、なぜボクらは労働するだけでお金をもらえるんでしょうか?なにかを売らない限りはお金はもらえないはずですよね?





■コンビニのバイトで労働の本質を理解しよう!

コンビニのバイトでこれを見てみましょう。

・A君は自給800円、昼の5時間働いています。
・B君は自給900円、夜に5時間働いています。



このコンビニは昼の時間は人通りが多く、来客が止まりません。
それに対して夜の時間は全くお客が来ません。


A君とB君どっちがお客さんに商品(価値)を沢山売っているでしょうか?


明らかに昼働いているA君のほうが沢山売っているはずです。


ですが一日の給料はA君が4000円、ほぼ何もしないB君が4500円とB君のほうが高い給料をもらえます。


abkun.jpg




もう一度いいます。お金は基本的に価値のあるモノ(もしくはサービス)を売ることでしかもらえません!


価値を売ることでしかお金がもらえないはずなら、ほとんど何も売っていないB君はお金をもらえないはずです。おかしいですよね??


じゃあ、彼らはいったい”誰”に”何”を売ってるんでしょうか?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・



そうです。彼らは”自分の時間”という価値を、”経営者”に売っているんです。はたから見れば、コンビニの商品を売っているのはバイトの彼らのように見えますが、コンビニ商品を売っているのは経営者です。


実際はバイト君たちは商品など売ってはいません。労働者というのは皆「時間売り」なんです。


能力で多少差を出してくれることもありますが、本当に微々たるものです。月給1万円あげるだけでも、かなりの能力アップを要求されます。


たとえ、弁護士だろうと会計士だろうと医者だろうと公務員だろうと銀行員だろうと、雇われている限りは「時間売り」になるしかないんです。どんな職業だろうと収入の限界がやってきます。


時間はみんなに平等に一日24時間しかないからです。


お金持ちはこの世界とは別の世界にいます。貧乏人がお金持ちになれない根源的な理由がここにあります。それは皆、頭では分かってはいるのかもしれませんが本質が分かっていません。自分には出来ないと思ってしまっています。

では次にいきましょう。







■時給0円のお金持ち?

労働者である多くの人は、

時給700円~高くて50000円程と言われています。



それに対して”お金持ち”と言われる人たちは

時給0円~無限大という世界に住んでいます。24時間365日働いても0円かも知れませんし、一時間で一億円稼げるかもしれません。


勘違いしてほしくないんですが、これはギャンブルではありません。特に今は生まれの境遇も全く関係なく、皆等しくこの世界で生きるチャンスがあります。


というかもはや、サラリーマンの時代は終わろうとしています。サラリーマンというのはここ100年で生まれた”働く形”です。時代とともに働き方は移り変わっていき、いつか終わってしまうものです。


今、物は溢れかえり選択肢がすぎて、人はどんどん多様なものを求めていきます。


昔は、みんなテレビを、洗濯機を、冷蔵庫を、車を欲しがりました。


テレビが”王、長嶋”と言えば”王、長嶋”を、”美空ひばり”といえば”美空ひばり”に熱狂しました。


今は、圧倒的なスターが生まれないと言われていますが、才能のある人がいないと言うことではなく、ネットの登場でメディアの影響力が

・テレビ
・新聞
・雑誌
・ラジオ


などの4大メディアに集中せず、1人のスターに皆がみんな熱狂することがなくなったんだと思います。


ニーズは満たされ、人が求めるものはどんどん多様化していきます。そうすると、量産型の大企業は多様な需要に追いつけなくなり、個人の力が必要になってきます。


architecture-1914309_640.jpg




ボクの感想とかではなく、これからは”個人”の時代が確実にきます。









■お金は回るだけで富を増やしてくれる

これはネットで見た面白い例え話なんですが、お金のことを理解するのに凄く役立つんじゃないかと思います。


世界にAさんとBさんだけが居るとします。Bさんは一億円をもっています。そしてBさんは家がほしいとします。

ab.jpg
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓




Aさんは一億円をもらって、Bさんに家を建ててあげます。

ab1.jpg
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓




その後、Aさんも家がほしくなりました。

ab2.jpg
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓




なのでBさんが一億円をもらって、Aさんのために家を建ててあげます。

ab3.jpg
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓




世界には家が二軒建ちました。そしてふたりは家を担保にしてもう一億円ずつお金を作りました。おしまい・・・


わかりましたか?お金がBさん~Aさん~Bさんに渡っただけで家(富)が増えました。お金が回るだけで世界全体の富が増える!という分かりやすい例え話になっていると思います。


”お金を回さないと景気がよくならない”というのはこういう意味です。









お金持ちはボクらの味方なんです
//////////////////////////////

ときどき、「お金持ちは貧乏人から搾取している!」みたいな事を言う人がいるんですが、それは悪い金持ちの話で、悪い貧乏人からだって搾取されます。


お金持ちが税金対策をしているのを見て文句を言うのはやめませんか?彼らは自分の資産を守っているだけです。自分も守るでしょう?自分たちのお金を奪おうとしているのが誰なのか?ちゃんと考えてください。


euro-870754_640.jpg



搾取しているのは基本的に国です。お金持ちはボクたちの味方です。テレビを漠然と見るのはやめましょう。「納税意識超超正義!」、「インフレ超最高!」のような洗脳を受けます。


国というのは完全に”貧乏脳”を持っています。以前も言いましたが”貧乏脳”は与えられること、奪うことを考えるんです。だから借金ばかりしても平気なわけです。(関連記事:銀行に預金すると損する?の記事で細かく解説する予定)


お金持ちはボクらよりもたくさん納税してくれて、そのお金が貧乏人に再分配されたり、経済を活発にしてくれたり、すばらしい人材を束ね、すばらしい商品を開発、量産する企業を作ってくれたりしました。雇用も作ってくれました。


もう一度言いますが、お金持ちはボクらの味方でしかありません!


お金持ちの価値観を学んでください。きっといろんなものが楽しく見えてきます♪
では、またーー\(^o^)/
スポンサーサイト

6 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)