樹脂をくっつけただけで$30もらえた話 



こんにちはー

しんごaikoです。





今回はオーストラリアにいた時に
プラモのノウハウを使って

樹脂をくっつけただけで$30(約2500円)もらえた話。

そこから思ったこと。




ぼくは去年まで、
いわゆるバックパックひとつで
渡り歩いてる人たちが集まる場所に住んでました。






その時、同じ部屋の日本人の男の子が
メガネを落として壊してしまった。





なんかフレームが割れてる・・
わーー・・悲しい。






そこはオーストラリアの田舎町。
まともにメガネを修理するところなんてないし、
新しく買おうにも
日本のメガネのように安くない。
外国人が眼医者に行くのは結構面倒だ。






ふと、ぼくはエポパテを持ってるのを思い出す
「あ!治せるかもよ!」





ということで修理開始
幸いピンバイスを持ってる子もいた。借りた
折れたところに穴をあけて
そこに安全ピンで作った軸を入れる。




そして接合部をエポパテをで固めた。
けっこうしっかりくっついてる!
(作業時間は20分くらい)




直ったので見せてみると
すごい喜んでくれる。



そんでお礼に$30(約2500円)もくれた!





え!こんなにもらっていいの??
けっこう驚いた。




今考えると、
これこそビジネスの源泉だと思う。




ぼくはその小さな町の中でメガネの修理に関しては
すごい希少価値を持った存在だった。




希少価値をもつと簡単にお金と交換できる。
これがビジネスの基本的な考えだ。




こうゆう基本的な価値の提供
サラリーマンとして働いてると、
時給で働いてると忘れがちだけど
”メガネの話”のほうがシンプルでわかりやすいと思う。



世界は思ってるよりシンプルですねー!!

ではー




スポンサーサイト