殺人事件と印象操作と客観視の話。

お久しぶりです。

しんごです。


相変わらず、模型は作っておりません!

もしかしたら7.8月に一体に作るかもしれません。



もし作るとしたら

・百式

・ガンダムヴィダール

・ターンエーガンダム

のどれかだと思います。



 たぶんターンエーですかね?

yjimage.jpg 



で今日の本題ですが

最近一冊、本を読んだので

そのアウトプットとして記事を書いてきます。



最近、世の中物騒になってる・・

なんてことが言われてますが

本当にそうなんでしょうか?

 

 

今日は印象操作と客観視のお話です。

 

 

 

殺人事件って増えてるの?

 

「最近は、物騒な世の中になっている!」

そんなことをテレビにコメンテーターが言っているのを聞きました。

 

 

ですが、本当に物騒になってるんでしょうか?

実はそんなことなくて、

殺人事件発生率は戦後最小になってます。

 

 

にもかかわらず、

物騒な世の中になってる・・

ぼくもそんな風に思ってました。

 

 

昔は明らかに殺人事件が今より多く起きてました。

ですが、物珍しくないのでニュースでも

あまり大きく取り上げれられませんでした。

 

 

それが、今ではひとつ猟奇的な殺人事件が起きると

ワイドショーはこぞって取り上げて、

その事件を深堀しまくります。

 

 

ネットでも話題になり、

未成年者の事件でも

誰が犯人なんだ?って犯人探しまで始まります。

 

 

最近、ワイドショーを騒がす残忍な殺人事件。

見ていて気持ちのいいモノじゃありません。

でも実は人間って殺人事件が本能的にが好きなんです。

 

 

 

恐怖はクセになる

 

ホラー映画って怖くて見たくないような・・

でも見たいような・・

 

そんな気持ちになります。

 

 

人は恐怖を避けますが

それと同時に”恐怖を見たい”ってことなんです。

 

 

見たくないのに、

見たくなる。

 

 

テレビなんかが殺人事件を深堀すると

視聴率が明らかに良くなるそうです。

恐怖はある意味、超魅力的なんです!

 

 

そこへきてコメンテーターの

「物騒な世の中になってますね・・」

 

 

これで、ぼくは殺人事件は増えてるんだなぁ

と誤解してしまっていました。

テレビも別に悪気があってやってることではないですが、

ぼくらは印象操作されています。

 

 

人はそこまで客観的にモノを見れません。

犯罪白書などの数字を見れば

明らかに殺人事件は減ってることが分かります。

 

 

日本は相当、治安が良くなってるし、

世界的に見ても殺人発生率が劇的に低いです。

にもかかわらず

「物騒な世の中になった・・」

なんて思っちゃうわけです。

 

 

印象操作にやられちゃってるわけです。

 

 

世界的にも殺人は減ってきています。

 

 

 

人は全く客観的じゃない

 

この例を見てみると

人間は客観的な数字を無視して

主観的な感情で物事を判断している。

ってことが分かると思います。

 

 

とくに自分のことを客観的に見るのはすごーく難しいです。

 

 

ただいま、ぼくは自分自身や自分の文章を

客観的に見る訓練をしているので

ホントに実感します。

 

 

客観視、これは永遠のテーマだと思います。

 

 

客観的にモノが見れるようになると、

誤解なく物事が見えれるようになります。

人間である以上、完璧には無理だけど、

これからも、この感覚を鍛えていこうと思いました!

 

 

では今日はここまでです。

 

 

スポンサーサイト